京都市内の移動は何が便利?交通手段について

まずは大前提として、京都市内の主な公共交通はバスになります。
鉄道もJR、地下鉄、阪急、京阪、近鉄、嵐電と複数通っていますが、京都駅や四条/河原町に向けて集中しているため市内を網羅してはいません。
そのため、バスの種類と本数が多くなっていますが、渋滞やバス停が多いため移動に時間がかかってしまいます。
そんな状況をかいくぐり、充実した日々を過ごすために役立つ移動手段をご紹介します。

ベストは自転車での移動

京都市はコンパクトで便利な都市です。
自転車さえあれば?華街へも、最寄りのスーパーへも手軽に行けることが大きな魅力で、やはり移動は自転車が主となります。
?華街へ行けば駐輪所がいたるところありますし、駐輪スペースを確保している店舗も多くあります。
バスが渋滞している中を自転車でスイスイ進んで、早く到着することはザラですし、大きな道であれば自転車専用レーンも設けられているため安全に走行することができます。
自転車は早いという魅力もありますが、路地裏にあるカフェや雑貨屋さんを見つけられたり、穴場といわれるスポットに出会えたりします。
小回りがきく自転車だからこそ、京都の魅力を十分に感じることができるということです。

地下鉄との組み合わせで効率よい移動

自転車が難しい場合は地下鉄を主に利用するとよいです。
京都市の地下鉄は東西南北へ十字に2本の線(烏丸線、東西線)が通っています。
この2本の線を中心に最寄りのエリアまで移動し、そこからバスやその他の鉄道を駆使して目的地までたどり着くと早いですし、バスの人込みを回避することができます。
ただし、どうしても地下鉄の駅から遠い場所はありますし、そもそも地下鉄が伸びていないエリアもあります。
そういった場所は思い切ってタクシーを使うことをお勧めします。
初乗りであれば590円から乗車することができ、複数人での利用であれば、割り勘すればバスや鉄道と変わらない値段で済むこともあります。
ドライバーによっては抜け道をひたすら教えてくれる人もおり、そういった楽しみもタクシーを利用する魅力です。

まとめ

コンパクトであるがゆえに、やはり移動は自転車がベストです。
観光であってもレンタサイクルも最近は増えていますので、自転車での市内めぐりを体験してみてください。
もちろん体力的な問題で厳しい方は地下鉄とその他の移動手段を活用して市内の移動をスムーズにすることをお勧めします。

京都府で生活