京都で遊ぶ場所はやっぱり四条?

週末やデートなんかで訪れる遊び場所はやはり?華街のある四条エリアが一般的です。
商業施設やセレクトショップ、百貨店などは四条にそろっていますし、飲食店やカフェも充実しています。

?華街も栄えている反面、適度な自然と都会とのバランスが取れているのが京都市でもあります。

?華街からほど近い鴨川でピクニックをしてみたりと、市内ならではの自然を味わいながら、楽しむ週末を過ごしてみるのもいいかもしれません。

四条へ行けば問題なし

市内一番の?華街です。
百貨店は大丸高島屋、マルイがあり、寺町通り商店街には多くのアパレルショップが軒を連ねています。
四条エリア一体は新しい街と昔からある京町家が混在しているため、路地を1本変えるだけで雰囲気がガラっと変わります。
そんな路地裏には町屋カフェも多くあり、歩き疲れた体を畳のぬくもりが癒してくれ、そこで飲む一杯のコーヒーは格別です。

徒歩5分程度で出られる鴨川へ行ってしまえば、川の流れと爽やかなそよ風に心がスッキリとします。

夜になるとカップルが多くなりますが、飲み終わった日などは気にせず川沿いを歩くだけで、酔って火照った体を優しく包み込むように冷ましてくれる時間は幸せです。

1日鴨川で過ごすという選択も

鴨川は四条エリアだけでなく南北に広範囲にわたってのびています。
北の方へ行くと鴨川が分岐しているエリアがあり、「鴨川デルタ」と呼ばれています。

京都のまったり癒しスポット・鴨川デルタを楽しんでみよう! | 京都府 | トラベルjp<たびねす>

ここは景観が美しいのはさながら、ピクニックをしている人がいたり、子供が水遊びをしている場所でもあり、住民にとっての憩いの場です。
複数人でワイワイやっている人はもちろん、一人で読書をしたり、絵を書いたり、楽器を練習している人なんかもいます。
春になると大学生の新歓飲み会なんかも開催されており、常に賑わっている場所です。

都会で遊ぶのとはちょっと違う、落ち着いて時間を鴨川で過ごすことが住人の特権であり、通な過ごし方ではないでしょうか。

まとめ

遊ぶ場所はやっぱり四条ですが、東京や大阪の?華街と異なり、鴨川へふらっと立ち寄れることが京都で遊ぶ大きな魅力のひとつです。
そんな鴨川も住んでいるからこそ見える表情が四季や時間を通じて感じることができますし、そこを自分の場所とできてしまえば、この上ない幸せな時間を過ごすことができます。
そんな過ごし方ができるようになれば、もっと京都が好きになれますよ。

京都府で生活